宅建士無料模試

契約Bizシステムに新コンテンツが追加されました!

2015年4月より、宅地建物取引主任者が「宅地建物取引士」へと名称変更されました。
名称変更に伴って、これからの宅建試験の出題傾向、難易度も気になるところです。
このコンテンツでは、資格のオーソリティ「LEC東京リーガルマインド」が提供する本格模試が体験できます。
本来ならば受講に料金が発生するところを、契約Bizシステム会員であれば無料で使い放題!
自分の知っている知識だけでどこまで勝負できるか?己の弱点を知り、繰り返し復習することで、宅建試験の合格を確実なものにします。


以下の講座を、1年間全3回に分けてお届けします。
(宅建試験日を基準として、時期に合わせた模試を順次公開)

■宅建実力診断模試(~7月頃)
本試験を意識した学習をしておくことが大切です。そのために「実力診断模試」があります。問題別の正解率を確認して、今後の学習の指針にしましょう。

■全日本宅建公開模試(模試2時間+解説1時間)(8月頃)
多くの受験者数を誇るLECの全日本宅建公開模試。個人の成績表で全国順位や偏差値、その時点での合格可能性がわかります。問題ごとに全受験生の正解率が出ますので、弱点を発見でき、その後の学習に活かせます。

■ファイナル模試 (模試2時間+解説1時間)×1回(9月頃)
超直前期10月初旬、本試験対策の総まとめができる最後のチャンスです。例年「ファイナル模試」は受験者数が多く、特にハイレベルな受験生が集結します。その中でご自身の本試験対策の完成度を最終確認し、合格をより確実なものにしましょう。


●契約Bizシステムを既にご利用の方
こちらから利用申請いただけます。
*LEC会員への登録が必要となります。
申請後、登録内容の確認により、ID・パスワードの発行に時間がかかる場合がございます。

●契約Bizシステムに未登録の方
宅建士無料模試は、愛知宅建サポート株式会社が提供するサービス「契約Bizシステム」の会員登録をすることによってご利用できます。
契約Bizシステムの詳細・ダウンロードについてはこちらをご覧ください。

ただいま初回決済時から6カ月間1,000円で利用できるキャンペーン実施中!